かわはくについて

かわはくの日本一


かわはく自慢の3大シンボル

かわはく自慢の 3つのシンボルを紹介します。  川の博物館に来たときは ぜひ、見ていってください !

大水車

大水車全景

大水車全景

日本最大級の大きさ(23m)の「大水車」

水車の形式 胸掛け水車
水輪の直径 23.0m
水輪の幅 2.1m
水輪の材質 ヒノキ
バケット個数 64個
バケット容量 約0.1立方メートル
架台(柱脚) 鉄筋コンクリート造レンガ貼り
回転所要時間 約1分

*開館以来、日本一の大きさを誇ってきた大水車ですが、2004年に岐阜県で直径24mの水車が完成し、日本第二位の大きさとなりました。日本一ではありませんが、日本最大級の水車であることには変わりありません。

荒川大模型173

「荒川大模型173」全景

「荒川大模型173」全景

屋外の精密地形模型としては日本一の大きさの「荒川大模型173」

荒川本流に沿った地形を、1000分の1に精密に縮小した模型です。「173」は、一級河川荒川の長さが173kmであることからつけられたものです。

日本画の大型美術陶板

「行く春」全景

「行く春」全景

屋外に展示した日本画の大型美術陶板としては日本一の大きさ「行く春」

本館外壁に、日本画家川合玉堂の筆になる重要文化財「行く春」を、長さ21.6m、高さ5.04mの大陶板画(信楽焼)にして展示してあります。大正2年に長瀞・寄居方面を訪れた玉堂が、荒川に浮かぶ船車(ふなぐるま)をモチーフに描いた傑作です。