かわはくについて

かわはくの概要


博物館全景

博物館全景


川を見る、川を感じる、川を知る、体感する博物館

埼玉県では、昭和58年から5ヶ年をかけて、研究者から児童・生徒にいたるまでの多くの人を結集して、「埼玉の母なる川」荒川の総合調査を行い、報告書(自然編1巻、人文編3巻)と写真集1巻を刊行しました。この事業を進める中で、調査員や事業に関心を寄せる人々のなかから、調査・収集された膨大な資料を一堂に集め、広く公開する博物館をつくりたいとの声があがり、昭和61年度から建設に向けて調査が開始されました。そして、10年余りの準備期間を経て、平成9年8月1日に「さいたま川の博物館」が開館しました。

平成18年4月1日からは、県立博物館の再編にともない、当館は「埼玉県立川の博物館」となり、長瀞町にある「埼玉県立自然の博物館」と一体になった「埼玉県立自然と川の博物館」として再出発しました。

当館の目的は、「埼玉の母なる川−荒川を中心とする河川や水と人々のくらしとのかかわり」を様々な体験学習をとおして、理解してもらおうとすることです。また、近年人々にとってきわめて密接な課題となってきた環境保護についても、河川の浄化や水循環の視点から身近な問題としてとらえてもらうことをねらいとしています。その手法として、一方的に情報を与えるのではなく、「楽しみながら学べる体験型博物館」として、誰でも水に親しみながら憩い、楽しく学べる博物館を目指しています。

施設概要

敷地面積 47,309 m2
延床面積 本館 3,998 m2
レストハウス 824 m2
屋外便所・渓流観察窓ほか 616 m2
本館及びレストハウス:鉄筋コンクリート造2階建て
(本館には屋上展望台があります)

園内マップ