川をめぐることば  A.P.とT.P.
-標高の生みの親は荒川だった- 

 荒川にかかる橋などにときおりA.P.○○mという表示を見ることがあります。これはその場所の高さを示す数値です。A.P.はArakawa peilの略で、荒川工事基準面といいます。Peilはオランダ語で「水準線」あるいは「基準」などを意味します。明治時代の始め、デ・レーケらオランダ人技師が近代的な治水事業を指導したため、オランダ語が使われました。A.P.は東京都中央区新川にある霊岸島水位観測所の最低水位をもって定めています。最低水位を用いたのは工事に便利だからです。霊岸島水位観測所は隅田川河口付近にあり、明治時代には荒川の河口でした。A.P.は荒川のほか多摩川水系、中川水系で工事基準面として用いられています。
 いっぽうT.P.は東京湾平均海面(東京湾中等潮位=いわゆる海抜)を意味しています。T.P.は1873
(明治6年)から1879(明治12年)の潮位記録を平均した数値A.P.+1.1344mをT.P.±0.0mと定めたものです。
 ところで標高の基準である水準原点はT.P.+24.4140mと測量法施行令第二条で定められています。水準原点は1891年に陸地測量部(現在、東京都千代田区永田町の憲政記念館前)に設置されました。設置場所は武蔵野台地の上なので、T.P.よりかなり大きな値になっています。設置当時はT.P.+24.500mが水準原点の高さでしたが、1923年(大正12年)の関東大地震で水準原点自体が変化したため、現在の数値になっています。東京湾の埋め立てなど都市化の進展で霊岸島付近が潮位の測定に適さなくなったため、現在では三浦半島油壷の国土地理院検潮場での測定値を東京湾平均海面として用いています。 このように測量の歴史をたどると、日本の高さの基準制定の原点は荒川にあったことになります。
 ちなみにA.P.同様の基準はほかにもあり、O.P.(大阪湾工事基準面T.P.一1.3000m、淀川水系)、Y.P.(江戸川工事基準面T.P.−0.8402m、利根川水系)などが用いられています。

文献
 測量法施行令.
建設省河川砂防技術基準(案)同解説・調査編.
地球をはかる.新版地学教育講座1.東海大学出版会.

図1霊岸島水位観測所
東京都中央区新川。墨田川と亀島川の合流地点にある。
1994年5月に元の位置から36m下流に移設。現在も観
測が行われている。地下鉄八丁堀駅から徒歩約10分。
図2 水準原点との関係を示すパネル
霊岸島水位観測所の解説パネルの一部。そのほかにも
近代測量の歴史などが解説されている。
図3 水準原点標庫
千代田区永田町の憲政記念館内にある。この中に水準
原点が設置されている。建物は石造で明治期の数少な
い近代洋風建築として東京都指定有形文化財となって
いる(平成8年指定)。地下鉄桜田門駅から徒歩5分。

  (学芸第一課 学芸員 楡井 尊)

 

目次 次のページ