さいたま川の博物館

川をめぐることば
河畔砂丘

  砂丘は風によって運ばれた砂が堆積した小高い砂の丘です。砂丘の砂は風で運ばれて堆積するので粒が均一でであることが特徴です。日本では鳥取砂丘のように海岸にできるものが普通ですが、内陸の大きな河川の近くにはできることもあります。それを河畔砂丘と呼びます。日本では、木曽川と利根川流域にあるとされています。
 埼玉県では羽生市から越谷市にかけて23カ所に分布が確認されています(図1)。分布を見ると分布はかつての利根川の流路にそっています。もっとも大きい志多見砂丘(加須市)で長さ約2,550m、最大幅250m、低地との高さの差が6.2m、砂丘列が5本あります。低地との高さの差がもっとも大きいのは原道砂丘(大利根町)の11.3mです。
 砂丘ができるには、1.砂の供給が良くしかも堆積しやすい、2.強い風が吹く、3.飛ばされた砂が再び定着する、ことが必要です。利根川は日本最大の流域面積を持っていますので1.の条件は満たしています。2.3.についてですが、埼玉では強い風はおもに冬に吹く北西の季節風ですから、砂丘は河川の東側や南側にできることになります。おもに河川の蛇行の凸部の蛇行洲に堆積した砂が、風で運ばれて堆積したのでしょう(図2)。
 このような特別な地形はいつ頃できたのでしょうか?春日部市の浜川戸砂丘の砂の下から平安時代終わりの土器が出土しているのに対し、砂丘の上からは弘安6年(1283)と記された板石塔婆が出土しています。したがって平安時代末から鎌倉時代前半に限定される可能性が高いといえます。なぜ限られた時期に河畔砂丘が形成されたのかはよくわかっていません。
 良質な砂が簡単に採れる河畔砂丘は、高度成長期にコンクリートの骨材用に削り取られて多くは元の地形をとどめなくなっています。珍しい地形なので後世にその姿を残したいものです。
図1.河畔砂丘の分布(中川水系総合調査報告書より) 図2.河畔砂丘のでき方(埼玉の自然をたずねてより)

文献
砂丘のひみつ。赤木三郎著、青木書店。170p。1991。
中川水系総合調査報告書1ー総論・自然。埼玉県。659p。1993。
埼玉の地質をたずねて、堀口満吉監修。築地書館。


 

目次 前のページ 次のページ