展示の紹介

平成29年度春期企画展「荒川・利根川・多摩川の石くらべ」


サムネイル:平成29年度春期企画展「荒川・利根川・多摩川の石くらべ」



(左の写真)甲武信岳山頂付近のひん岩

  • 期間:2018年2月17日(土)~5月6日(日)
  • 場所:川の博物館 第2展示室



■開催趣旨■
 埼玉県内を流れる荒川流域の石は様々な暮らしの中で利用されています。たとえば、国会議事堂で使われている蛇紋岩は荒川流域のものを利用しています。他に建物のコンクリートや鉄道の敷設などにも荒川の石が使われるなど、荒川の石は日本の都市づくりや経済発展を担ってきました。
 石にはこういった生活に役立つ側面の他に、模様や形を楽しむなど様々な魅力があります。展示では、自然や生活の中にある「石の魅力」を、荒川の石を中心に利根川・多摩川の石とあわせて紹介します。

■展示内容■
   ●川のはじまり
   ●荒川・利根川・多摩川の石くらべ
   ●川原の石と生活

■関連イベント■
 ●かわはく体験教室「石の標本づくり」
    日時:2018年2月24日(日)13:30~15:30
    定員:20名(要申込)
    費用:200円(保険料・材料費)

 ●かわはく体験教室「石のコースターづくり」
    日時:2018年3月25日(日)13:30~15:30
    定員:20名(要申込)
    費用:200円(材料費)

 ●講演会「小石が語る埼玉3億年のおいたち」
    講師:本間岳史(元埼玉県立自然の博物館館長、埼玉県文化財保護審議会委員)
    日時:2018年4月1日(日)13:30~15:30
    定員:80名(要申込)
    費用:無料

 ●かわはく体験教室「オリジナル石図鑑をつくろう」
    日時:2018年4月21日(日)①10:30~11:30、②13:30~14:30
    定員:各回10名(要申込)
    費用:200円(材料費)

※イベント申込はイベント開催日の一か月前より受付ます。詳しい内容はイベント情報をご覧ください(開催日1ヵ月前よりHPに掲載します)。

※諸事情などにより開館時間、展示構成やイベントの内容などが予告なく変更、または中止になることがあります。