展示の紹介

夏期企画展「あざやかないきものたち」構造色をもった生き物


サムネイル:夏期企画展「あざやかないきものたち」構造色をもった生き物

 あざやかないきものと聞いて、皆さんはどのような生きものを思い浮かべますか?太陽の光を浴びて光るタマムシやチョウ、エサをとるために水に飛び込むカワセミの羽など、他にもキラキラしている生きものは多くいます。そのあざやかなキラキラは「構造色」と呼ばれます。
 展示では構造色をもつ生き物やあざやかな生き物を紹介すると共に構造色についても解説します。
 また、人間が構造色をどのようにりようしているかについても紹介します。

  • 期間:2016年7月16日(土)~9月4日(日)
  • 場所:川の博物館 本館第2展示室およびリバーホール

企画展関連イベントもあります。 
 
7月17日(日)顕微鏡で昆虫観察 
時間:13:30~15:30
場所:荒川情報局
費用:無料
定員:随時5名程度


8月5日(金)~7日(日)昆虫採集と標本づくりキャンプ 
場所:名栗げんきプラザ
費用:大人10,000円、子供9,000円
申込:7月3日(日)必着
定員:30名
対象:小学校4年生以上(要保護者1名同伴)

※詳しくはイベント情報もごらんください。