展示の紹介

ネイチャーアート‐形・色・みかた‐


サムネイル:ネイチャーアート‐形・色・みかた‐

流れる川や滝、氷がつくる形、空に見られる形や色、また生き物たちの 色や形、模様などは私たちの目に美しく映り、驚きや感嘆をもたらします。そんな自然の美しさを取り上げます。また、これらを拡大して見たり、うすく切って見たり、近縁の種で比べて見たりなど、みかたを変えると発見できる美しさもあります。そうした自然が生み出す美を写真や標本で紹介します。 

  • 期間:2018年7月14日(土)~9月2日(日)
  • 場所:川の博物館 第2展示室

主な展示内容

  • 川や滝、氷など、自然がつくる水の形を写真で紹介します。
  • 気象現象として見られる様々な雲の形を主に写真で紹介します。
  • 荒川流域で見られる、キラキラした石を実物標本で紹介します。
  • 水の中の小さな生きもの「ケイソウ」が見せる不思議な形を顕微鏡写真で紹介します。
  • 水辺や川・海の生き物を互いに「近い種」で比べて、それらの色や形の多様性を見ます。
  • エビやカニの実物標本、イワナの写真などを展示します。
  • 目からウロコ、魚の鱗の形や模様を実物と写真で紹介します。


関連イベント
「電子顕微鏡で見る生き物の美」
 7月23日(月)~30日(月)10:00~11:30、13:30~16:00

「木版にヤマメを描く~木目を水の流れに見たてて」
 8月5日(日)10:00~12:00、13:30~15:30

「石ころアート」
 8月25日(土)13:30~16:00