展示の紹介

平成28年度ミニパネル展
「石っこ賢さん、宮沢賢治と寄居町」


サムネイル:平成28年度ミニパネル展<br >「石っこ賢さん、宮沢賢治と寄居町」

宮沢賢治が川の博物館のある寄居町に来訪してから100年を記念し、賢治が残した寄居町の記録、土壌学のかかわりをパネルと写真で紹介します。

  • 期間:2017年2月28日(火)~4月16日(日)
  • 場所:川の博物館 本館1階リバーホール&荒川情報局

 「注文の多い料理店」「銀河鉄道の夜」などの著作者で、日本を代表する童話作家のひとり宮沢賢治は、20歳の時、川の博物館のある寄居町をおとずれました。なぜ、賢治は岩手県盛岡から遠くはなれた寄居町へはるばると来たのでしょうか?
 本ミニ展示では、宮沢賢治が寄居町に来訪して100年を記念し、賢治が残した寄居町の記録、土壌学のかかわりをパネルと写真で紹介します。

【ミニパネル展関連イベント】 
かわはく研究室:荒川の石ころを観察しよう
日程:3月19日(日)
時間:13:30~15:30
場所:荒川情報局
費用:無料
定員:随時5~10名程度