かわはくニュース

日本一!かわはく大水車改修工事進捗情報 その2


かわはくのシンボル「大水車」の改修工事がスタートし、材料となる埼玉県産の西川材(ヒノキ)の加工が進んでいます。
来年末の完成を目指して、大水車へと加工されてゆく西川材(ヒノキ)の現況をお伝えします!

伐採されたヒノキの丸太は、工場に運ばれ特殊な機材で皮を剥ぎ、部材に細断されて大水車の部位ごとに使用材へと加工されてゆきます。
20180531-1.jpg 20180531-3.jpg 20180531-4.jpg 20180531-5.jpg

製材されたヒノキ材は、別の処理工場に運ばれ加圧処理と防腐剤処理を行って乾燥材にさせるため加工工場へと運ばれました。

強制乾燥されたヒノキ材は、再度加工工場へ運ばれ部材単位の加工の段階を迎える予定です!

20180531-7.jpg 20180531-6.jpg
★次回は、少しづつ部材となってゆく加工過程の情報をお届けします!★


掲載日:2018年6月12日