かわはくニュース

めずらしい半透明のアマガエルを展示します


DSC_3908C.jpg

ニホンアマガエルは最もふつうのカエルで、埼玉県内の田んぼやその周りではよく見られ、
梅雨時の夜は大合唱となります。

当館では富士見市でみつかった青色のアマガエルを提供いただき、2017年、2018年
と2回の展示は好評いただきました。

018年夏、青色のアマガエルを提供していただいた、富士見市の吉野正さん宅で、
さらにめずらしい半透明のアマガエルがみつかりました。
部分的に黄緑色ですが、おなかが半分透けているなど、とても不思議なカエルです。

展示は3月末までを予定しておりますので、ぜひご覧ください。

(展示協力:吉野 正 氏)

※都合により展示は予定期間より早く終了する場合があります


  • 日時:2019年2月7日(木)~同年3月末ぐらい
  • 場所:川の博物館 本館1F リバーホール

掲載日:2019年2月 7日