緊急事態宣言の発出に伴い、令和3年2月8日(月)まで臨時休館いたします。

展示のご案内令和2年度春期企画展「海苔・川苔・のりのり!」

令和2年度春期企画展「海苔・川苔・のりのり!」

予告企画展示

2021年2月9日(火)〜2021年4月4日(日)

場所:本館1階 第2展示室

緊急事態宣言の発出に伴い、
2021年2月8日(月)まで休館しています。

荒川の終わりで育つ海苔と、上流で育つ川苔(カワノリ)を紹介します。荒川が注ぎ込む東京湾は、かつては日本一の海苔漁場でした。おにぎりに使われる海苔は、日本人の誰もが知る食材ですが、原材料である“ノリ”がどんな生き物なのか、どのようにして養殖されて板海苔の形になるのかはあまり知られていません。
一方、カワノリは、川の上流で生育し、海の海苔とは全く別の生き物です。生育場所が限られ、絶滅危惧種にもなっています。しかし、海苔よりも早く抄き製品となり、献上もされていた歴史があります。
川の始まりと終わりでそれぞれ育つ“のり”。人とのりとの関わりから、生き物としてのノリについて紹介します。

展示内容

1. 海苔
東京湾の海苔
生き物としてのノリ
夏のノリ
ノリの養殖
海苔作り
2. 川苔(カワノリ)
生き物としてのカワノリ
荒川水系のカワノリ
秩父の川苔作り

埼玉県立川の博物館

〒369-1217 埼玉県大里郡寄居町小園39

休館日
月曜日(祝日・振替休日・県民の日・夏休み期間は開館)
年末年始(12/29~1/3)
施設整備の集中保守点検に伴う臨時休館有り
営業時間
通常期 9:00~17:00 ※入館は閉館30分前まで
夏休み期間
[平日]9:00~17:00
[土・日・祝・8/11~8/15]9:00~18:00
入場料
一般410円(240円) 学生200円(120円) 中学生以下無料
※()内は団体料金
※荒川わくわくランドとアドベンチャーシアター観覧は別料金
駐車場
あり(普通車:300円 バス:1030円)