学習支援

かわはくでは、川を通じた学習サポートを行っています

埼玉県立川の博物館では、博物館をより活用していただくために、「学習&体験サポート」を行っています。常設展・企画展の展示解説をはじめ、学校の遠足や授業をサポートする「かわはく体験学習・出張授業」、理科・総合的な学習の時間で利用可能な「学校支援物品の貸出し」なども行っています。
「体験のできる博物館」を、ぜひご利用ください。

*観覧料等免除申請書につきましては「団体ご利用案内」をご覧ください。

写真:学習&体験サポートを行なっている小学生たち

かわはく体験学習・出張授業(講師派遣)

川の博物館では、先生方と共に児童・生徒の学習をサポートします。
博物館内や荒川の川原では、荒川を教材にした様々な体験学習ができます。各学校への「出張授業」も行っておりますので、小・中・高校の授業、クラブ活動等でご活用ください。
体験プログラム例やお申込方法などの詳細は、こちらをご覧ください。

体験学習・出張授業の詳細へ

写真:体験学習・出張授業を受けている小学生たち

かわはくチャレンジノート

このノートは、設問によって子どもたちを展示資料に導き、簡単な作業を通して展示のねらいに合った見学や観察をしていただくための補助資料です。より楽しく学習できるよう見学のポイントを示しました。

チャレンジノート:小学生用2級(PDF形式)

チャレンジノート:小学生用3級(PDF形式)

利用方法
各学校で事前に印刷して見学時にご利用ください。
なお、見学のために複製することはさしつかえありませんが、著作権は川の博物館にあります。他の目的でのご使用はご遠慮ください。

写真:チャレンジノート小学生用2級、チャレンジノート小学生用3級の画像

学校支援物品の貸出し

埼玉県立川の博物館では、学校の教育活動を支援するために、実験教材等の貸出しを行っています。
詳しくは、学校支援物品一覧をご確認ください。

学校支援物品一覧

写真:貸出しができる物品の写真

ガリバーウォーク

全長173kmの荒川を一気に下るガリバー疑似体験

川の博物館では、荒川大模型173の展示解説を行っています。その名も「ガリバーウォーク」。
1000分の1の大きさで作られた荒川の大模型を、源流点から河口まで歩きながらたどります。荒川流域の見所や川の流れ様子、荒川の作る地形など、荒川の様々な解説を聞きながら大模型を見学することができます。全長173kmの荒川を一気に下る様子は、まさにガリバー気分です。

ガリバーウォークの申込方法

希望日の1ヵ月以上前に、問い合わせフォームまたは川の博物館の研究交流部までご連絡ください。
1回の解説は約30分、定員は20名程度です(応相談)。
日時については職員の都合上、ご希望に添えないことがございますのでご了承ください。
また、かわはくボランティアによるガリバーウォークも行っております(不定期開催)。併せてご利用ください。

写真:ガリバーウォークに参加している小学生たち

川の博物館 研究交流部

048-581-8739

問い合わせフォーム

博物館実習の受入れ

川の博物館では毎年、博物館実習生の受入れを行っています。
実習申込方法など詳しい情報は、こちらをご覧ください。

博物館実習の受入れについて

博物館実習をしている実習生たち

埼玉県立川の博物館

〒369-1217 埼玉県大里郡寄居町小園39

休館日
月曜日(祝日・振替休日・県民の日・7/1~8/31は開館)
年末年始(12/29~1/3)
施設整備の集中保守点検に伴う臨時休館有り
営業時間
通常期 9:00~17:00 ※入館は閉館30分前まで
夏休み期間
[平日]9:00~17:30
[土・日・祝・8/11~8/15]9:00~18:00
入場料
一般410円(240円) 学生200円(120円) 中学生以下無料
※()内は団体料金
※荒川わくわくランドとアドベンチャーシアター観覧は別料金
駐車場
あり(普通車:300円 バス:1020円)