展示のご案内令和4年度秋期企画展「かわはくで生きものを探せ! 」

令和4年度秋期企画展「かわはくで生きものを探せ! 」

令和4年度秋期企画展「かわはくで生きものを探せ! 」

終了企画展示

2022年9月23日(金·祝)〜2022年11月27日(日)

場所:第2展示室(サテライト展示はスロープ展示)

かわはくは埼玉県寄居町を流れる一級河川荒川に面して立地し、住宅地や商業地の近隣でありながら、様々な生きものを観察することができます。広い園内は河原、河畔林、斜面林など多様な環境に囲まれ、夜間には人知れず活動している生きものも多く確認されています。本展示ではかわはくで記録されている数ある生きものたちの中からピックアップして紹介します。

展示構成

かわはく園内の生きもの 

かわはく園内はシンボルである日本一大きな水車をはじめに、本館とレストハウスの2 棟の大きな建物があります。また、野外展示資料の水車小屋、大きな芝生の広場や小さな森もあり、小河川の宮川が園内を横切っています。公共施設である以上人工的に手を加えている部分が多いながらも、緑が多く開館時間でも昆虫、野鳥などを観察できます。ブロックの割れ目や建物の陰はトカゲ類など生きものの隠れ家になっているなど人工物を上手に利用しています。


トノサマバッタ

荒川河川敷の生きもの 

かわはくに隣接した荒川河川敷には四季を通じて様々な鳥たちが飛来します。初夏中州や河原で繁殖する種や、狩り場や越冬場所にする種も見られます。また、春から初夏にかけては、カジカガエルの美しい鳴き声を聞くことができます。


カジカガエル

河畔林・斜面林の生きもの 

普段は鳥や夏場のセミの鳴き声でにぎやかな河畔林・斜面林は、昼間生きものの姿はあまり目立ちません。しかし夜になるとタヌキ、キツネ、イタチをはじめ、夜行性の獣たちの活動が活発になります。


二ホンノウサギ

埼玉県立川の博物館

〒369-1217 埼玉県大里郡寄居町小園39

休館日
月曜日(祝日・振替休日・県民の日・夏休み期間は開館)
年末年始(12/29~1/3)
施設整備の集中保守点検に伴う臨時休館有り
営業時間
通常期 9:00~17:00 ※入館は閉館30分前まで
夏休み期間
[平日]9:00~17:00
[土・日・祝・8/11~8/15]9:00~18:00
入場料
一般410円(240円) 学生200円(120円) 中学生以下無料
※()内は団体料金
※荒川わくわくランドとアドベンチャーシアター観覧は別料金
駐車場
あり(普通車:300円 バス:1030円)