現在一部施設がご利用できません(荒川わくわくランド・噴水広場・渓流観察窓・第1駐車場の一部、第3駐車場ほか)。詳細はかわはくニュースをご覧ください。

かわはくについて学芸員の紹介:藤田 宏之

学芸員の紹介:藤田 宏之

藤田 宏之

専門:保全生態学(両生類)

メッセージ

継続的な活動として、埼玉県内の両生類・爬虫類の分布や希少な種の生息状況を調べています。
2008年3月に赴任して以来この活動をスタートさせましたが、ここ10年あまりでかなりの変化がみられています。

まず、西日本から移入されてきたと考えられるヌマガエルが荒川・利根川流域急速に分布を拡大し、水田ではごくふつうにみられるカエルになっています。さらに中山間地域まで進出し、分布を拡大しています。

トウキョウサンショウウオは大規模な宅地・工業団地などの開発により生息地を奪われてきましたが、その波は止まらぬまま新たな天敵のアライグマによる捕食被害が相次いで発生しています。また、インターネットオークションで販売されるなど、ヒトの手による乱獲被害も相次ぎ、大変厳しい状況下におかれています。

野生生物を取り巻く環境は大変厳しいですが、啓発活動として県民の皆様の興味を促し、両生類・爬虫類がすぐれた環境のバロメータとして大切に見守っていただけるよう努力してまいります。

 

トウキョウサンショウウオ

ヌマガエル(長瀞町)

 

トウキョウサンショウウオ卵のう

ヌマガエルが確認された水田 (ときがわ町)

 

学芸員レポート

「写真で見る埼玉の生きもの」展で、生きもの人気投票!

平成26年度1月企画展「写真で見る埼玉の生きもの」展で実施した、「生きもの人気投票」の結果を発表します。

埼玉県立川の博物館

〒369-1217 埼玉県大里郡寄居町小園39

休館日
月曜日(祝日・振替休日・県民の日・7/1~8/31は開館)
年末年始(12/29~1/3)
施設整備の集中保守点検に伴う臨時休館有り
営業時間
通常期 9:00~17:00 ※入館は閉館30分前まで
夏休み期間
[平日]9:00~17:30
[土・日・祝・8/11~8/15]9:00~18:00
入場料
一般410円(240円) 学生200円(120円) 中学生以下無料
※()内は団体料金
※荒川わくわくランドとアドベンチャーシアター観覧は別料金
駐車場
あり(普通車:300円 バス:1030円)